おまとめローンは4件まで?

今現在抱えている借入先が多いから一つにまとめたい、その気持ちはよく分かります。
ですが、おまとめローンは多くても4件までしか申し込むことが出来ず、それ以上ですと審査に落ちてしまいます。
あまりにも抱えている件数が多くなりますと貸し倒しされてしまうリスクが高いので断られてしまうので、減らせる場合は前もって少し減らしておかれることをお勧めします。
少額であったとしても借入件数が多いおまとめローンは難しくなりますのでご注意を。


おまとめローンは銀行に申し込みを

申し込みをするのであれば、銀行の方が良いかもしれません。
どのくらいの借金を抱えているのかということでも変わってきますが、銀行は融資額が大きいため多少多額でもおまとめローンを組むことが出来るようになっています。
消費者金融でもおまとめローンは申し込めますが、総量規制が関係してきますので審査に通ることが難しいかもしれません。
また、こちらは最高融資額が500万円までと言う場所が多いので、この金額を上回る方は消費者金融でのおまとめは不可となります。


申し込みブラックに注意!

気持ちばかりが焦ってしまって何件も申し込みをしてしまっている方がいるようですが、それは絶対に避けるべき行為です。
少しでも早くおまとめローンを利用したい、審査に通れるのか不安と言う気持ちはよく理解できますが、あまりにも短期間で申し込んでしまうと「申し込みブラック」になってしまい、信用情報機関に登録され一定期間金融機関への申し込みが不可となります。
早く一つにしたいでしょうが、ブラックになってしまわぬよう、お気を付け下さい!


おまとめローンで借金スッキリ!

その当時はちゃんと返済することが出来ると思って借入をしていたけれど、いざ返済になった途端返済苦に陥ってしまっている方も多くなっているのではないでしょうか?
今現在では即日融資や審査をしてもらえるようになり、容易に借入が出来るようになったことで問題も出てきています。
今抱えている借金をどうしたら順調に返済できるのか・・・そこで登場するのがおまとめローン!
おまとめローンは、全ての借金を一つにまとめられるのです。


おまとめローンで完済を目指す!

おまとめするには申し込みをする必要がありますが、申し込み前に信用情報を確認しておきましょう。
信用情報とは、あなたのお金に関する内容が登録されていて、いつ借入をして返済はどのように行ったのかなど全て書かれていて、この情報は金融機関が共有していることを覚えておかれると良いでしょう。
おまとめローンの審査に通れたら、毎月一定の金額を返済して新規借入などせずに完済を目指して計画を立てながら進めていきましょう。


計画をしっかり立てる

おまとめすることが出来たら今度は返済計画を立てていきましょう。
毎月いくら返済していけばよいのか、余裕を持って返済できるようにするのが一番ですから、よく考えてみて下さい。
おまとめローンは長年付き合っていくものですので、もし遅延してしまいそうなときは必ず担当者に連絡を入れるように。
何もしないでいると信用度を失ってしまいますよ。


学生でもおまとめローンって利用できる?

一本化出来るのは、満20歳からで普通のキャッシングやカードローンとまったく同じことなのです。
学生だからおまとめローンを申し込むことは出来ないという事ではないので、困っている方はぜひ申し込みをしてみて下さい。
多額じゃないとおまとめローンって利用出来ないのでしょ?なんて思っている方もいるようですが、そんなことはありません。
少額であっても一本化にすることが出来ますので、効率よく返済をしたい方にも一本化は最適です。


おまとめローンを賢く利用する

上記で少額の場合でも一本化することが出来ると言いましたが、少額の場合は一つにまとめてしまった方が楽になります。
A社から3万円借りて、B社では1万円、C社で1万円借りていたとして、別々に返済することも出来るのですが、これらはまとめてしまった方が返済しやすくて良いと思いませんか?
おまとめローンを利用すれば全て合計して5万円の返済をまとめて行う事が可能ですから、安心して毎月の返済が行えるでしょう


学生だからこそ利用したい

学生はアルバイトをして収入を得ていると思うのですが、収入が低いため利用できる金額も少なくなります。
そう言ったことから複数に申し込みをして借金してしまっている方も多くなっているようですが、そんな学生にこそもっとおまとめローンを利用してほしいのです。
消費者金融の方が審査もやや甘くなっているものの総量規制がありますから、総返済額によっては審査に落とされてしまう可能性がある事を事前に調べて確認しておくようにしましょう。


おまとめローンで重視されるのは?

おまとめする際、どこが重視されているのか皆さんがご存知でしょうか?
もちろん、その金融機関により若干異なってくるとは思いますが、まず年齢が大事で申し込むときの年齢と完済し終えるであろう頃の年齢を確認されますから、ご年配の方はおまとめローンの審査では不利になることが多いですから注意するようにして下さい。
若い方であれば働き盛りですからおまとめローンの審査に通れる可能性が高いと言われています。


おまとめローンと居住形態

実は居住形態を重視しているところが多くなっているのです。
持ち家ですと夜逃げされてしまうリスクが低いという事などから、スコアリング方式では高い点数を獲得することが出来ます。
アパートや賃貸住宅ですとリスクが高いため、おまとめローンの審査では不利になりがち。
ただ、社宅に住んでいる方は持ち家と同じく夜逃げのリスクがないため、おまとめローンを組むことが出来るでしょう。


落とされている人の大きな原因は?

落とされてしまった方の理由を調べてみますと、一番多かったのは勤続年数が不足しているというものでした。
転職やまだ就職したばかりといった理由で勤続年数が1年未満の方がおまとめローンの審査で落とされてしまっているのです。
勤続年数がなぜ重要なのかと言いますと、勤続年数が長ければその分収入も安定しているという事が言えますので、勤続年数が短い方は堕ちてしまうのです。


最近の投稿

アーカイブ

2015年4月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー