おまとめローンで重視されるのは?

おまとめする際、どこが重視されているのか皆さんがご存知でしょうか?
もちろん、その金融機関により若干異なってくるとは思いますが、まず年齢が大事で申し込むときの年齢と完済し終えるであろう頃の年齢を確認されますから、ご年配の方はおまとめローンの審査では不利になることが多いですから注意するようにして下さい。
若い方であれば働き盛りですからおまとめローンの審査に通れる可能性が高いと言われています。


おまとめローンと居住形態

実は居住形態を重視しているところが多くなっているのです。
持ち家ですと夜逃げされてしまうリスクが低いという事などから、スコアリング方式では高い点数を獲得することが出来ます。
アパートや賃貸住宅ですとリスクが高いため、おまとめローンの審査では不利になりがち。
ただ、社宅に住んでいる方は持ち家と同じく夜逃げのリスクがないため、おまとめローンを組むことが出来るでしょう。


落とされている人の大きな原因は?

落とされてしまった方の理由を調べてみますと、一番多かったのは勤続年数が不足しているというものでした。
転職やまだ就職したばかりといった理由で勤続年数が1年未満の方がおまとめローンの審査で落とされてしまっているのです。
勤続年数がなぜ重要なのかと言いますと、勤続年数が長ければその分収入も安定しているという事が言えますので、勤続年数が短い方は堕ちてしまうのです。


Comments are closed.

最近の投稿

アーカイブ

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー